カテゴリー別アーカイブ: Apache

mod_uploader設定


最近ですが、Apacheのモジュールとして動作するアップローダであるmod_uploaderを設置しました。
na-nashi.uploader

インストール自体は結構前に済ませており、設定をせず放置していたのですが時間が余ったため設定を行いました。

本当はインストールからのログを載せたかったのですが、見つからなかったので設定したところのログを載せます。
インストールなどに関してはこちらをご覧下さい。 続きを読む mod_uploader設定

phpmyadminへのアタック(その2)


最近「phpmyadmin アタック」などで訪れる方が結構いるので、気になって調べたら前回と異なるアタックがあることを知り、昨日ログを見てみたところ案の定というか当日アタックした形跡がありました。
続きを読む phpmyadminへのアタック(その2)

Apacheによるメモリー負荷増大


nagiosがMemoryFree15%ほどと言うアラートが出ていたので確認。

# vmstat
procs ———–memory———- —swap– —–io—- –system– —–cpu——
r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st
0 0 404752 8112 18464 49092 0 0 32 14 0 1 7 10 82 1 0

まずはキャッシュを解放してみる。

# echo 1 > /proc/sys/vm/drop_caches
# vmstat
procs ———–memory———- —swap– —–io—- –system– —–cpu——
r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st
0 0 404752 56188 136 18896 0 0 32 14 0 1 7 10 82 1 0

いくらか良くなったが解決には至らず。
色々調べつつtopで見たところ。

 load average: 0.02, 0.03, 0.00
Tasks: 212 total, 1 running, 211 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 6.8%us, 9.9%sy, 0.2%ni, 82.2%id, 0.7%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st
Mem: 506808k total, 458820k used, 47988k free, 1312k buffers
Swap: 1015800k total, 404584k used, 611216k free, 25564k cached>

続きを読む Apacheによるメモリー負荷増大

.htaccessでのリダイレクト


現在自宅サーバにてxoopsでのサイトを構築しています。
そのサイトのアドレスは本当はhttp://www.aaa.com/と言ったシンプルなものにしたいと考えて、confファイルのドキュメントルートやxoopsのmainfileを編集することで/home/aaa/public_html/xoopsをaaa.comドメインのドキュメントルートにしようとしましたが上手くいかず。

厳密に言えばhttp://www.aaa.com/でxoopsに直接アクセスは出来たのですが、ログインが上手く動作しないようで、ログインしてもゲストの画面に戻されてしまいましたのでhttp://www.aaa.com/からhttp://www.aaa.com/xoopsにリダイレクトすることに。

リダイレクトにもいくつか方法がある用ですが、今回は.htaccessファイルを利用することにしました。

Redirect permanent /home/aaa/public_html/index.html http://www.aaa.com/xoops/

Redirect permanent /home/aaa/public_html/index.html /home/aaa/public_html/xoops

上記の表記だとどちらも上手く行かず・・・

Redirect permanent /index.html http://www.aaa.com/xoops/

上の表記だとちゃんとリダイレクトできました、相対パス・・・ですか。

バーチャルホストでの複数ドメイン運用


複数ドメイン運用が可能になったので備忘録的に書いておきます。
その前にDNSサーバやDiceでの設定が必要です。
こちらの場合はDiceを使っていますので、新たにイベントと追加して起動させれば問題ありません。
肝心のバーチャルホストに関してはhttpd.confにて。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

ServerName www.aaa.com
DocumentRoot /home/aaa/public_html/

ServerName www.bbb.com
DocumentRoot /home/bbb/public_html/
ErrorLog logs/bbb_error_log
CustomLog logs/bbb_access_log common

当初は上記のように記載しました。
aaaが最初からのドメイン、bbbが今回追加のドメインです。
内容はhttpd.conf内のサンプルを参考にしましたが・・・
しかしこれだとbbb.comがaaa.comと同じページに飛ばされてしまったので見直し・・・

NameVirtualHost *:80

ServerName www.aaa.com

ServerName www.bbb.com
DocumentRoot /home/bbb/public_html/
ErrorLog logs/bbb_error_log
CustomLog logs/bbb_access_log common

aaaのドキュメントルートはconfファイル内別の場所に記載しています。
これでそれぞれ別のドキュメントルートに割り振られました。

追記:confファイルを構文をチェックする apachectl configtest というコマンドは結構便利だと思いました。